野球のブックメーカーは両チームに賭ける

ブックメーカーでは、野球のデータを徹底分析することで試合結果を予測して利益が得られます。あるいは確率を利用することで、ある程度の結果予測さえできれば勝つ方法もあります。
野球の場合、チーム同士の過去の勝率データや先発投手のデータを活用することで、高い確率で勝敗予測をすることが可能です。さらにリーグ戦も終盤となれば、チームの戦力差も明らかになってきます。インターネットで調べれば、シーズン中のデータや過去データは簡単に調べることが可能です。
勝つ可能性の高いチームに賭け続けることで、利益を積み上げることにつながっていくわけです。
また実力差がほとんど無いようなチーム同士となれば、ブックメーカーによってオッズに違いが出るようになります。そのオッズ差を利用することで、勝利予測をすることなく利益が出せる必勝法もあります。
両方のチームに賭けるスタイルですが、共にオッズが高く提示されるブックメーカーを選ぶことで勝敗に関係なく配当金が得られるようになります。
リスクを抑えた投資法として多くの投資家も取り入れている戦略と言えます。
また、アービトラージと呼ばれる手法を使うことで、それほど正確に勝敗予測ができなくても利益を出すことは可能です。
実力差がほとんど無いチーム同士の試合で、賭けに負ければ賭け金をある法則に沿って賭け金増やす方法となります。勝てば賭け金を減らしますが、そのデータを正確に記録しながら取り組むことで的確に賭けを行うことができます。
実力差があまり無いチーム同士の試合は、勝ち負けが半々となるのでこのような必勝法が利用できるというわけです。

Menu