ブックメーカーでプロ野球のハンデも考える

ブックメーカーでプロ野球に試合に賭ける場合、様々な種類の賭け方をすることができます。
最もわかりやすいものとしては、どちらのチームが勝つのかを予想する賭け方があります。
得点に関する賭け方というのもあり、両チームの合計得点がブックメーカーの指定した得点数に収まるか、それを超えるかという賭け方もありますし、そのまま試合のスコアを予想するというものもあります。
そして中でも一番お勧めの賭け方がハンデ付きの予想となっていて、ブックメーカーが課したハンデを考慮して勝利するチームを予想するという賭け方があり、実力差のあるチームでも対等の勝負ができるので賭けとして非常に面白い賭け方となっています。
ハンデの付け方は、最終スコアから減算あるいは加算される方式となっていて、-2.5や+2.5と表記をされます。
あくまでもブックメーカーが決める架空のスコアで実際の試合のスコアには影響はないのですが、-2.5のチームに賭けて実際の試合のスコアが2-0だった場合、試合には勝っていますがハンデを差し引くと-0.5点ということになるので賭けとしては不的中になってしまいます。
逆に+2.5があるチームに賭けていた場合、実際の試合には負けても賭けでは勝ちということになります。
ハンデ付き勝敗予想だとハンデも考慮して、試合の流れを読むことになるのでより一層、プロ野球の試合分析が楽しくなるのがポイントです。
特に日本のプロ野球は、個人やチームの成績がデータ化されており、昨シーズンのデータをもとに、根拠をもって分析できるメリットもあるのです。

プロ野球ファンにブックメーカーをおすすめする理由

野球道具

80年以上の歴史を持つ日本のプロ野球は、国内におけるスポーツの頂点に君臨しており、ファン人口は数千万人に達すると考えられています。ファンの中には野球経験者が多くいるということが、他のスポーツとの違いです。このために、野球に対して深い知識を持っている人が多く存在します。
野球に関しての専門知識を持っている人におすすめなのが、ヨーロッパだけで100万人以上の人が利用しているブックメーカーという勝敗予想の賭け屋です。仕組みは極めてシンプルで、オッズを提示して予想投票を募集するという内容で、的中した人には賭け金にオッズを掛けた配当金が支払われるという仕組みです。
ブックメーカーにとって、スポーツに対する深い知識は大きなアドバンテージとなります。
ブックメーカーは各国政府からライセンスが発行されているので安心です。
魅力的なブックメーカーは、日本語に対応しているサイトも増加しており、英語などに不安がある人でも問題なく利用できます。
野球の知識を利用して勝敗予想をしたいという人には、ブックメーカーはおすすめです。

Menu